話題

TOEIC申込サイトにアクセスできない!申込みできた人の攻略法とは?

news

TOEICの申込は先着順になっていて、毎回サーバーがダウンするほどにアクセスが集中しています。

「TOEICの問題を解くよりも、申込みの方が最難関だ!」という声が上がっています。

しかし、そんな中でも無事に申込みができた人がいたので、アクセスができない時の対処法について調査しました。

TOEICの申込みサイトにアクセスできない原因は?

TOEICの申込みが始まってすぐにアクセスしたのに全然つながらない。という声が多数でした。

TOEICの問題よりも申込みが最難関ポイントという悲劇です。

TOEICは毎年受験者数が増えていますが、コロナウイルス対策のため、定員制が設けられました。

そしてその申込みは先着順となってしまったためにアクセスできないサーバーダウンが起こっています。これにはかなりストレスを感じる方が多いですよね。

「TOEICerの人は受験を避けてもらい、本当にTOEICの資格が欲しい人に譲って欲しい」という声も上がっています。


TOEIC申込みサイトにアクセスできない!申込みできた人の攻略法

全然つながらない…そして、画面に表示されるのは「アクセス集中のお詫び」の文字。

かなり多くの人が毎回苦戦していて、やっとつながった頃には遠い場所の受験地しか空いてないという絶望的状況です。

そんなアクセス集中している中、無事に申込みできた人がいました。申込みする攻略法をご紹介します。

申込み開始時刻よりも早くログインしておく

TOEICの申込みが実際に45分で完了した人がどのようにやったかというと…

  1. 30分前にログイン
  2. TOEICLR申込みページ
  3. 募集開始までお待ちくださいページ
  4. タブを10~20個作る
  5. 59分から再度読み込みを押しまくる
  6. 3~5を繰り返す

これだけやっても45分かかるので事前に仕事や学校にいかなくても済むように調整しておかなければなりませんね…

申込みが始まる前からスタンバイしておく必要があります。

以前、シャープマスクでアクセスができない状況になった時も申込み開始よりも前に立ち上げていた人がアクセスできたそうです。

そして、一つのタブで挑戦するよりも複数のタブを開いてアクセスに挑戦した方が確率が上がるのは明確ですよね!

コンビニ支払いを選択する

そして、無事にアクセスができたらもう一つポイントがあります。

それは、コンビニ支払いにすること!

この攻略法はカード決済よりも少ないページで申込み完了までできるのでコンビニ支払いを選んで確実に申し込みたいという方が多いそうです。

事前に知っておくと知らないでは雲泥の差ですので、今回は取れなかったけど次回は確実にTOEICのテストを受けたい!という人はこの2点を覚えておいてください。

まとめ:TOEIC申込みアクセスできない状況をなくす攻略法

コロナ対策のため受験者数に定員が設けられるようになり、その申込みが先着順になってしまったのでサーバーダウンが起こっていました。

実際に申込み完了させられた人の攻略法としては、

申込み開始30分前からログインして、タブをたくさん開いておいて開始と同時に再読み込みを押しまくるという攻略法でした。

そしてできるだけ少ないページ数で申込み完了画面まで行った方が安全なので、クレジット決済ではなくコンビニ支払いを選ばれている方もいます。

確実な方法ではありませんが、TOEIC申込みできる確率をこの方法で上げていきましょう。

早くこの先着順の混乱を終わらせて欲しいですよね。

無事に申し込みできることを願います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。