旅・レジャー

2020年8月のペルセウス座流星群の方角や見やすい場所を解説!夜空を見上げて明るくなろう

shootingstar

2020年8月12日にペルセウス座流星群が極大を迎えます。個人的に毎年この時期の流星群をとても楽しみにしているんですが、今年の見える方角や見やすさはどうなんでしょうか?

不要不急の外出自粛が求められる今だからこそ、夜空を見上げて明るい気持ちになりたいものですね。

2020年のペルセウス座流星群を美しく見るための参考にしてもらえれば嬉しいです。

2020年ペルセウス座流星群が見える方角は?

ペルセウス座流星群は夜空全体でまんべんなく見れるのが特徴です。

しかし、なかなか見つけれない場合は北東の空を中心に見ることが見つけやすいポイントだそうです!

ペルセウス座流星群は流れる速度が早いのが特徴なので、一瞬を見逃さないようにしておきましょう^^


2020年ペルセウス座流星群が見える日時は?

2020年のペルセウス座流星群は8月12日22時ごろが1番見ることができる予測です。

しかし12日の20時〜13日夜明けまでは見頃といえます。

そして12日の前後でも流星群は見える可能性は十分にあります。

2020年ペルセウス座流星群をよく見る方法は?

月明かりがあるとなかなか見ることが難しくなるので、なるべく月明かりが少ない空を見上げてみましょう。

そして街明かりや外灯が少ない場所を見つけて見るようにすると、流星群が見える確率がぐんと上がります。

2020年のペルセウス座流星群はどれくらい見える?

2020年のペルセウス座流星群はピーク時には1時間に30〜40個もの数が見れるという予測です。

多い時は1時間に80個見える年もあるので、比較的2020年は見やすい年とは言えないですよね。

2020年で5時間の夜空の様子を記録している方がいらっしゃいました。

夜空の一部ですがいくつもの流星群を見ることができていますし、まだピーク時ではないのにこれだけ見れるので、期待できそうですね!


ペルセウス座流星群とは?

毎年7月20日頃から8月のお盆過ぎまでに出現するのが特徴です。

そして8月13日頃に極大になるので、帰省中に見る方も多いのではないでしょうか?

そして年間三大流星群の一つです。

その年の月明かりの具合によって見えやすさは異なります。

ペルセウス座流星群は流れる速度が早く、見落としてしまう可能性も高いです。流れている最中で急に増光することもあります♪

まとめ

夏休みや帰省中に見られる2020年のペルセウス座流星群の見やすい方向や日時などをご紹介しました。

コロナの影響でなかなか外出することも難しいですが、街明かりの少ない場所に車で行ってみて夜空を見上げて家族や友人と夏の思い出を作りましょう!

毎年とても楽しみにしている流星群なので今年もみに行きたいと思います。

花火大会がなくても、プールに行けなくても新しい夏の楽しみ方を見つけていきましょうね。お子さんの自由研究の内容にも使えるかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございます!